水工事業

ホーム水工事業>パーホーセル

パーホーセル(PERFORCELL)

パーホーセルの特徴

1.用途に応じた自由なブロックの選定が可能です。

パーホーセルの型式は以下のように使用目的により自由に選ぶことが出来ます。

A型 パーホーセルA型 基本的な型式であらゆる所に使用できます。
AT型 パーホーセルA型 パーホーセルA型に透過性をもたせた型式であり、波除堤・突堤などで港内の海水浄化が必要な時に使用します。
AN型 パーホーセルA型 パーホーセル堤において中詰めをすることにより堤体重量が増し、堤体寸法を変えずに安定な構造を実現できます。
W型 パーホーセルA型 単体のブロックでありながら、同時に2方向よりの波に対して消波効果を発揮します。
WT型 パーホーセルA型 W型に透過性をもたせて、2方向より消波と海水交換を可能にした型式です。
C型 パーホーセルA型 波高の小さい場合や、背後土圧の小さい場合に使用する型式で岸壁・物揚場、護岸などに使用されます。
CT型 パーホーセルA型 港内での海水交換をはかり、浄化を促進させます。波高の小さい場合に使用します。

2.構造的に完全一体が可能です。

パーホーセルAN型を使用して、第2遊水部にコンクリートまたは栗石を投入することにより従来の消波ブロックでは不可能であったブロック相互間の一体化が実現できます。
従って、衝撃的な波力の作用するような防波堤などにおいても経済的な断面の設計が可能です。
断面図

3.堤体長を自由に設計することができます。

パーホーセル堤では、消波効果・設計条件などにより堤体長Lは自由に設計できます。さらに、図中のA・B1・C・B2・Dの寸法をも自由に設定することが可能ですので、様々な設計条件に対応することができます。
堤体長

4.画期的な消波効果を発揮します。

パーホーセルは独自の消波構造により、あらゆる入射波に対して良好な消波効果を発揮することが水理模型実験により検証されています。

5.経済的な断面となります。

パーホーセルブロックは、1個当たりの正面面積がいずれのブロックにおいても4.5m2と大きいため、ブロックの製作個数・据付個数が少なくて済みますので、工期の短縮とあいまって経済的な断面となります。

6.船舶の接岸が容易です。

パーホーセル堤の前面は、鉛直平面ですので船舶の接岸が容易にできます。また、防舷材などの取り付けも簡単に行えます。

このページのトップへ

飯田建設株式会社